二重整形の費用は事前に知っておこう!すっきりとした目元に変化

選択する必要があります

顔に触れる女性

カウンセリングが大切です

瞼は上眼瞼挙筋という筋肉が中心となっていて、周りを皮膚が覆って上から脂肪が乗っている形をしています。そして目の縁には瞼板といって、しっかりと枠を取れるように固い組織があります。二重整形の埋没法は、この瞼板を巻き込んで表と裏から組織を引っ張ります。固い組織を通してしっかりと糸が絞められるため、緩んでしまう可能性が低いのが特徴です。またそれとは別に上眼瞼挙筋をベースに糸を通す方法もあり、比較的眼球から遠い部分に糸があるので眼球を傷つけにくいという強みがあります。固い瞼板を通す場合は力加減が難しく、突き抜けて結膜を傷つけてしまいかねません。逆に上眼瞼挙筋は柔らかいので、しっかり固定できないという、それぞれ長所と短所を併せ持っています。そのためどちらを使用するのかはクリニック次第で、安全性を第一に考えるところもあれば、中には個人によって違う瞼の状態で使い分けるところもあります。費用面もクリニックに左右され、場合によっては倍近くの差が出ることもありますが、あくまで選択するのは施術を受ける人です。また埋没法の強みのひとつは糸を抜けば元の状態に戻せることですが、結膜に糸が長い間接していると、組織が巻き込んで癒着してしまうことがあります。そうならないように、戻す可能性があるのであればその意思をしっかりと伝え、施術前後の状態をしっかり教えてもらうことが大切です。そして切開法は上眼瞼挙筋の上にある脂肪部分を取り去るため、瞼の働きには影響を与えることは少ないです。ただ切開した部分は綺麗な二重を作るために縫合しなければならず、抜糸の手順も挟む必要があります。その手間もあって埋没法よりは費用が高くなりますが、確実に元に戻らなくすることが可能な整形方法です。二重の人が瞼ラインの形を変えるとするなら接着剤で事足りることが多いですが、一重では基本となる線もないため、そう上手くはいきません。そして整形の強みのひとつには、二重を作りながらそのデザインを自由に変えられるという点も挙げられます。末広がりにして上瞼のラインが黒眼にかかるようにしても良いですし、もちろんそのまま自然に二重になったかのような形にもできます。埋没法であればやり直しが可能な上に切開法より費用がかからないので、中には流行に合わせて形を変える人もいます。いずれにしても印象は大きく変わるため、カウンセリングで慎重に決定しなければなりません。もし自分でどのような形が良いかという希望を持っていなくて、ただ漠然と二重にしたいというだけであれば、施術を行なう医師の技量次第ということになります。それはただ糸を通したり切開したりといった技術的な面だけでなく、カウンセリングで理想へと導いてくれる力量も含まれます。どれだけの整形を行なってきたかがひとつの判断材料で、実績の数が伴っていれば、それだけ人の希望を実現させた可能性が高いです。クリニックの中には実際に施術を受けた後の状態を写し出すシミュレーターを導入しているところもあり、より現実的に考えられます。もし費用面で余裕があれば、いきなり切開法を選択せずにやり直しが利く埋没法で試してみるのが無難です。出来上がった形が最高のもので、一生そのままでいたい場合は切開法に移行すれば良いですし、糸で留めているだけでも十分理想の状態を保ち続けられることが多いです。

Copyright© 2019 二重整形の費用は事前に知っておこう!すっきりとした目元に変化 All Rights Reserved.